Monthly Archives: 5月 2017

出会い系サイトでセフレ・恋人探し!メールの返信率を上げる方法とは

出会い系サイトでセフレや恋人を探すときに重要なことは、いかにメールに返信してもらうかということです。女性がメールを返してくれなければ、出会いも何もありませんからね。

「返信率を高めたい」
「なるべくお金をかけたくない」

そう思うなら、メール作成に力を入れるべきです。この記事では女性に返信してもらえる可能性を高めるメールの内容について、考えてみたいと思います。

返信率を高めるにはどうすればいいの?

礼儀正しく接する

当然のことではありますが、意外とこれを実践できていない男性は多いです。礼儀正しく接するようにしないと、女性に返信をもらうことはできません。

出会い系サイトでは、女性は相手を選び放題です。黙っていても男性からメールが届くのですから、敬語を使わなかったり、上から目線であったりする男の相手をする必要はありません。

相手が年下であろうと、ブサイクであろうと、敬語を使い、礼儀正しく低姿勢に接しましょう。

一言だけのメールは絶対にダメ

「こんにちは」とか「まだ相手募集されていますか?」とか、一言だけのメールもダメです。なぜかというと、返信する気が起こらないからです。

先ほども言ったように、女性は黙っていても多数の男性からメールを受け取ります。その中には、礼儀正しく、中身のあるメールを送ってくれる人もいるでしょう。そういう人に優先的にメールを返すのは当然のことです。

挨拶に始まり、何を見てその女性にメールをしたかが述べられ、それに対してどう思ったか、どういう関係を望むかに続き、「よろしければお返事ください」などと締めくくられている、内容のまとまった、中身のあるメールを心掛けたいものです。

セックスのことは口に出さない

メールでセックスのことは話題に出さないでください。男性の多くは、メールの段階でセックスの約束を取り付けようとしますが、女性にしてみれば、そういう男性は相手にしたくありません。なぜなら、セックスのことしか考えていない男性は子供っぽく見えるからです。

あるいは、気持ち悪いと感じる女性もいるかもしれません。あなたの女友達にセックスのことを話してみてください。多くの場合、引かれるのではないかと思います。それはネット上でも同じことです。

もしセックスが目的なのだとしても、相手が明確にセフレを求めている場合を除き、そのことを一切口にしないでください。

メールした理由を明確に

女性から返信してもらえる可能性を高めるには、その女性にメールした理由を明確にすることです。誰でもよかったのでは、と思われるようなメールを送っていては、返事をもらうことはできないのです。

その女性のプロフィールや掲示板への書き込みをよく読んで、彼女の魅力的なポイント、自分との共通点を見出し、それを「メールした理由」として述べてください。

こうすることにより、会えれば誰でもいいのではなく、あなたと会いたいのだ、ということをアピールすることができます。誰でもよさそうなメールを送るよりも、返信してもらえる可能性が高いことは言うまでもありません。

出会い系サイトにいる男性の多くは、こういった小さな努力を怠りますが、短期間で、お金をかけずにセフレや恋人を見つけたいなら、メールは1通1通しっかりと考えて作成しましょう。

メール後は掲示板投稿を控える

女性にメールをした後は、掲示板への投稿を控えてください。今の出会い系サイトは、その人が過去に掲示板にどのような投稿を行ったか、確認することができます。

女性にメールしたあとに、掲示板に投稿をすれば、それを見た女性は「なんだ、誰でもよかったのか」「私じゃなくてもよかったのか」と思うはずです。

返信率が下がってしまうので、メール後はせめて1日は掲示板に投稿せずに様子を見てください。

出会い系サイトとは全然違う?不倫サイトの特徴や利用のメリット

不倫サイトには、様々な事情を抱えた人たちが登録しています。しかしなぜ、出会い系サイトではなく不倫サイトに登録するのでしょうか。

「普通の出会い系サイトと変わらないのでは?」
「不倫サイトを利用するメリットはあるの?」

そんな疑問にお答えするため、この記事では不倫サイトの特徴やメリットについてお話ししたいと思います。

不倫サイトの特徴やメリットとは?

不倫の秘密をしっかり守ってくれる人が多い

不倫サイトには、不倫の重大さやリスクを理解している人が、普通の出会い系サイトよりも多いと言えます。自身が既婚者であるケースも多いですし、そこに登録している未婚の男女は、既婚者に手を出して、もしその関係性がバレれば自らにも慰謝料の請求が来ることをわかったうえで、不倫サイトに登録しているのです。

普通の出会い系サイトで、とりあえずセックスさせてくれれば誰でもいいや、というふうになんとなく相手を探している人とは大違いなんですね。

その意味で、不倫サイトで知り合った人とは、お互いに秘密厳守で良好な関係を築ける可能性が高いと言えるでしょう。

匿名性、秘匿性が保たれている

不倫サイトは、出会い系サイトよりも匿名性、ないし秘匿性が高いと言えます。出会い系サイトは、会員登録をしなくても、そこにどんな人が登録しているか、見ることができたりしますよね。

しかし不倫サイトの場合、登録後でなければ掲示板やプロフィールを閲覧することができないことが多いです。

たとえばあなたのパートナーが、あなたが不倫サイトに登録しているか否か確かめるためには、自分も不倫サイトに登録しなければいけないわけで、もしあなたがパートナーに「なぜ不倫サイトに登録していたの?」と訊かれたときに「そっちこそ何故登録していたの?」とやり返すことができます。

もちろん、あなたがプロフィールに「セックスの相手を探しています」と書いていたらアウトですが、そもそも、あるアカウントがあなたの作ったものだと特定するのは、非常に難しいことです。

顔写真などを貼り付けていればバレて当然といったところですが、写真を貼らず、プロフィールにフェイクを混ぜていれば、あなたのパートナーが別人のふりをして連絡を取り、そのアカウントががあなたの物であるという証拠を掴まないかぎり、それがあなたの物であると判断することはできないでしょう。

それに、もし万が一その方法で、あるアカウントがあなたのものであると看破されても、そこに至るまでにあなたのパートナーも「ふり」とはいえ不倫相手を探していたわけですから、「でも君も不倫相手探していたよね?」と言い返すことは可能です。

登録しないことには会員情報を見られないということ、そして不倫サイトは不倫相手を探す場所であるということが、反撃の材料となるわけです。

会う場所や時間帯を相談できる

そして、会う場所や時間帯について、相談できる、お互いに譲り合えるというのも、不倫サイトを利用するメリットです。これは特に男性にとっては非常に大きなメリットと言えるでしょう。

通常の出会い系サイトで、未婚の女性と会うとなると、基本的には、会う場所や時間帯は相手に合わせることになります。

未婚の女性にしてみれば、あえて既婚者と会う必要はないわけで、好き放題わがままが言えます。言うこと聞かないなら他の人と会うよ、というスタンスでいられるのです。

もしその女性の指定した場所が自宅や会社の近くだったら、深夜など、出掛けて行くと怪しまれる時間帯に「迎えに来て」と言われたら、会うのは難しいですよね。

しかし不倫サイトなら、信用できると思った人とだけ会うのが普通ですから、多少は女性のほうも譲歩してくれます。あなた以上に信用できる男性が他にいるとは限らないからです。

以上のことから、やはり不倫相手は不倫サイトで探すのがベストと言えそうですね。みなさんも相手を探してみてはいかがでしょうか。