Author Archives: T3wPUCM7

出会い系サイトでセフレ・恋人探し!メールの返信率を上げる方法とは

出会い系サイトでセフレや恋人を探すときに重要なことは、いかにメールに返信してもらうかということです。女性がメールを返してくれなければ、出会いも何もありませんからね。

「返信率を高めたい」
「なるべくお金をかけたくない」

そう思うなら、メール作成に力を入れるべきです。この記事では女性に返信してもらえる可能性を高めるメールの内容について、考えてみたいと思います。

返信率を高めるにはどうすればいいの?

礼儀正しく接する

当然のことではありますが、意外とこれを実践できていない男性は多いです。礼儀正しく接するようにしないと、女性に返信をもらうことはできません。

出会い系サイトでは、女性は相手を選び放題です。黙っていても男性からメールが届くのですから、敬語を使わなかったり、上から目線であったりする男の相手をする必要はありません。

相手が年下であろうと、ブサイクであろうと、敬語を使い、礼儀正しく低姿勢に接しましょう。

一言だけのメールは絶対にダメ

「こんにちは」とか「まだ相手募集されていますか?」とか、一言だけのメールもダメです。なぜかというと、返信する気が起こらないからです。

先ほども言ったように、女性は黙っていても多数の男性からメールを受け取ります。その中には、礼儀正しく、中身のあるメールを送ってくれる人もいるでしょう。そういう人に優先的にメールを返すのは当然のことです。

挨拶に始まり、何を見てその女性にメールをしたかが述べられ、それに対してどう思ったか、どういう関係を望むかに続き、「よろしければお返事ください」などと締めくくられている、内容のまとまった、中身のあるメールを心掛けたいものです。

セックスのことは口に出さない

メールでセックスのことは話題に出さないでください。男性の多くは、メールの段階でセックスの約束を取り付けようとしますが、女性にしてみれば、そういう男性は相手にしたくありません。なぜなら、セックスのことしか考えていない男性は子供っぽく見えるからです。

あるいは、気持ち悪いと感じる女性もいるかもしれません。あなたの女友達にセックスのことを話してみてください。多くの場合、引かれるのではないかと思います。それはネット上でも同じことです。

もしセックスが目的なのだとしても、相手が明確にセフレを求めている場合を除き、そのことを一切口にしないでください。

メールした理由を明確に

女性から返信してもらえる可能性を高めるには、その女性にメールした理由を明確にすることです。誰でもよかったのでは、と思われるようなメールを送っていては、返事をもらうことはできないのです。

その女性のプロフィールや掲示板への書き込みをよく読んで、彼女の魅力的なポイント、自分との共通点を見出し、それを「メールした理由」として述べてください。

こうすることにより、会えれば誰でもいいのではなく、あなたと会いたいのだ、ということをアピールすることができます。誰でもよさそうなメールを送るよりも、返信してもらえる可能性が高いことは言うまでもありません。

出会い系サイトにいる男性の多くは、こういった小さな努力を怠りますが、短期間で、お金をかけずにセフレや恋人を見つけたいなら、メールは1通1通しっかりと考えて作成しましょう。

メール後は掲示板投稿を控える

女性にメールをした後は、掲示板への投稿を控えてください。今の出会い系サイトは、その人が過去に掲示板にどのような投稿を行ったか、確認することができます。

女性にメールしたあとに、掲示板に投稿をすれば、それを見た女性は「なんだ、誰でもよかったのか」「私じゃなくてもよかったのか」と思うはずです。

返信率が下がってしまうので、メール後はせめて1日は掲示板に投稿せずに様子を見てください。

出会い系サイトとは全然違う?不倫サイトの特徴や利用のメリット

不倫サイトには、様々な事情を抱えた人たちが登録しています。しかしなぜ、出会い系サイトではなく不倫サイトに登録するのでしょうか。

「普通の出会い系サイトと変わらないのでは?」
「不倫サイトを利用するメリットはあるの?」

そんな疑問にお答えするため、この記事では不倫サイトの特徴やメリットについてお話ししたいと思います。

不倫サイトの特徴やメリットとは?

不倫の秘密をしっかり守ってくれる人が多い

不倫サイトには、不倫の重大さやリスクを理解している人が、普通の出会い系サイトよりも多いと言えます。自身が既婚者であるケースも多いですし、そこに登録している未婚の男女は、既婚者に手を出して、もしその関係性がバレれば自らにも慰謝料の請求が来ることをわかったうえで、不倫サイトに登録しているのです。

普通の出会い系サイトで、とりあえずセックスさせてくれれば誰でもいいや、というふうになんとなく相手を探している人とは大違いなんですね。

その意味で、不倫サイトで知り合った人とは、お互いに秘密厳守で良好な関係を築ける可能性が高いと言えるでしょう。

匿名性、秘匿性が保たれている

不倫サイトは、出会い系サイトよりも匿名性、ないし秘匿性が高いと言えます。出会い系サイトは、会員登録をしなくても、そこにどんな人が登録しているか、見ることができたりしますよね。

しかし不倫サイトの場合、登録後でなければ掲示板やプロフィールを閲覧することができないことが多いです。

たとえばあなたのパートナーが、あなたが不倫サイトに登録しているか否か確かめるためには、自分も不倫サイトに登録しなければいけないわけで、もしあなたがパートナーに「なぜ不倫サイトに登録していたの?」と訊かれたときに「そっちこそ何故登録していたの?」とやり返すことができます。

もちろん、あなたがプロフィールに「セックスの相手を探しています」と書いていたらアウトですが、そもそも、あるアカウントがあなたの作ったものだと特定するのは、非常に難しいことです。

顔写真などを貼り付けていればバレて当然といったところですが、写真を貼らず、プロフィールにフェイクを混ぜていれば、あなたのパートナーが別人のふりをして連絡を取り、そのアカウントががあなたの物であるという証拠を掴まないかぎり、それがあなたの物であると判断することはできないでしょう。

それに、もし万が一その方法で、あるアカウントがあなたのものであると看破されても、そこに至るまでにあなたのパートナーも「ふり」とはいえ不倫相手を探していたわけですから、「でも君も不倫相手探していたよね?」と言い返すことは可能です。

登録しないことには会員情報を見られないということ、そして不倫サイトは不倫相手を探す場所であるということが、反撃の材料となるわけです。

会う場所や時間帯を相談できる

そして、会う場所や時間帯について、相談できる、お互いに譲り合えるというのも、不倫サイトを利用するメリットです。これは特に男性にとっては非常に大きなメリットと言えるでしょう。

通常の出会い系サイトで、未婚の女性と会うとなると、基本的には、会う場所や時間帯は相手に合わせることになります。

未婚の女性にしてみれば、あえて既婚者と会う必要はないわけで、好き放題わがままが言えます。言うこと聞かないなら他の人と会うよ、というスタンスでいられるのです。

もしその女性の指定した場所が自宅や会社の近くだったら、深夜など、出掛けて行くと怪しまれる時間帯に「迎えに来て」と言われたら、会うのは難しいですよね。

しかし不倫サイトなら、信用できると思った人とだけ会うのが普通ですから、多少は女性のほうも譲歩してくれます。あなた以上に信用できる男性が他にいるとは限らないからです。

以上のことから、やはり不倫相手は不倫サイトで探すのがベストと言えそうですね。みなさんも相手を探してみてはいかがでしょうか。

援交をやったら捕まるの?テレクラ援交の違法性や援助相場額について

テレクラには援交目当ての女性も多くいます。セフレを探している男性にとっては邪魔な存在でしかないかもしれませんが、しかし金を払えばセックスができるというのは、楽で良いという面もあるかもしれません。

この記事では、援助交際の実態や、援助額の相場などについてご紹介いたします。

援助交際って違法じゃないの?

そもそも援助交際は違法なのでしょうか、合法なのでしょうか。これは、言うまでもなく「違法」です。

日本では売春行為は禁止されていますからね。それではなぜ、日本には援助交際が横溢しているのか、なぜ滅多に取り締まられないのかというと、授受されたお金がセックスへの対価であると証明するのは難しいからです。

たとえば、自分の知り合いにお小遣いを渡す。これは違法ではありませんよね。援助交際も、セックスへの対価としてお金を払うのではなく、普通のお小遣いとして、あるいは交通費・生活費として渡したなどとすれば、完全な黒ではなくなります。

グレーではありますが、完全な黒でないかぎり、日本ではそれは白なのです。

たとえば、ソープランド。あれはなぜ組織的売春行為とみなされないのかというと、客と女性従業員とがセックスをするのは自由恋愛である、という建前になっているからです。

お店は入浴料を取り、女性従業員は洗体などへの対価としてサービス料を受け取ります。セックスをするかどうかは別問題(という建前)なんですね。

このように、完全な黒にならないように工夫している業界は沢山あります。雀荘やパチンコ店だってそうです。

しかしそれらのすべてが、厳密には法律に違反しておりません。だからこそ取り締まりがなされないのです。援助交際もそれと同じで、厳密には黒とはいえないやり方をすることができますから、摘発されるということがほとんどないわけですね。

ちなみに、児童買春について度々ニュースになるのは、援交うんぬんというより、18歳未満とセックスをしたことが「完全にアウト」だったからで、援交単体で誰かが捕まるというケースはほぼないのです。

援助額の相場とは?

それでは、援交の相場はどれくらいなのでしょうか。出会い系サイトの掲示板などの書き込みを見ると、ホテル代別で2万円という方が非常に多いです。

テレクラにおいても、相場はそのくらいだと考えて良いでしょう。ソープよりは安いですが、デリヘルと同じくらいの価格です。

素人の女性にそれだけのお金を払うのはどうなのか、とも思いますが、手軽ではありますよね。それに風俗のように時間を気にする必要もありません。ラブホテルの「休憩」の時間内にひととおり終わらせられれば、延長料金も何もないわけですから。

私個人としては、援交はあまりおすすめできませんが、何がなんでもセックスがしたいという方は、ちょっと話を聞いてみてもいいかもしれません。

援交目当ての女性はすぐに見つかるはずです。

即日会えるテレクラなら→テレクラコール.com

女の子の本音は探るべきか?

女の子の本音にはもちろん気が付いたほうが良いのですが、だからといって、本人の気持ちを無理に詮索するのは、やっぱりよくないと思うのです。女の子は、自分の気持ち口に出していうことはありません。その分、大人だと考えることもできるわけですが、私はこれまで、出会い系サイトを利用して知り合った女の子たちを何人か見てきて、彼女たちが自分の本音を簡単には口にしない理由は、他人のためというよりは単純に自分のためなのではないかと思うことも多々ありました。

要するに、女の子は自分のイメージや立場などを守るために、あえて本音を言わないということも多いのですね。それくらいのことはもちろん男だって考えると思うかもしれません。でも、女の子が自分の本音を隠したり、大切な人に対しても嘘をついたり、そういうことをする意図には、男よりもはるかに強い力があるのだと私は思います。

女の子が大切にするのは、自分のイメージです。彼女たちが何よりも恐れるのは、自分のイメージダウンです。馬鹿な女だと思われたくない、いやらしい女だと思われたくない。他人から抱かれて困るマイナスのイメージは、人によっていろいろあると思いますが、女の子が本音を言わずに隠しているということは、それを口にすることで自分にとって何らかの不利益があるということなので(もちろん、大切なパートナーに気を遣っているという可能性もありますが)女の子が自分から話したがらないことを、無理に聞き出すというのは間違ったことなのだと思います。

ただ、女の子の本音を詮索すべきではないからと言って、女の子の本音に全く配慮しなくていいのかといえば、それも違います。たとえパートナーが本音を口に出して言わなくても、例えばしぐさや態度などから、その子の態度が見て取れるということはあるでしょう。女の子の本音に気付くことができたなら、本音の内容については何もコメントせずに、自分に気が付くことができた範囲で、黙って(この「黙って」というのが非常に重要ですよ)女の子の希望に沿うことができるように振る舞ってあげるのが、いい男の理想だと思います。

たとえ、口で直接感謝の言葉が伝えられることがなくても、男からの精いっぱいの気遣いというものは、必ずパートナーの女の子に伝わっているはずなので、好感度も上がっているはずです。普通に考えて、口であれこれ言いながら行う気づかいよりも、黙って行う気づかいのほうがカッコいいでしょう。

結論を言うと、女の子の本音を根掘り葉掘り聞き出そうとするのはおかしいと思います。ただ、何か女の子の気持ちに気付いた部分があるんだったら、余計なことは何も言わずに、そっと気を遣ってあげるべきです。モテる男は、ほとんど無意識のうちにそれをやってます。

出会いを検索したいなら下記の優良アプリがオススメ!↓↓
出会系アプリ

運命の人との出合いが実現できるわけ

私が出会系アプリismを利用して見て初めに驚いたことは、とにかくアプリの利用者が多いことでした。もちろん、いくらアプリの利用者が多くても、そのアプリを利用しているすべての人と同じように仲良くしながら関係を持つということはあり得ないわけですが、それでも、より多くの出会いのチャンスをゲットするということを考えた場合、やっぱり、自分にとって出会いの候補者は多いほうがいいに決まっています。

合コンとか婚活系のパーティに参加する場合も、自分にとって出会いのチャンスが極端に少ないということは無いと思います。実際に私は、出会いアプリを利用して出会いを求めることを考える前には、時間をこまめに作ってはこういうイベントに参加していましたし、こういうイベントに参加しなければ経験できないようなこともたくさんケイケンしました。

それは非常に良い経験になったと思いますし、私にとって、出会いアプリを利用して出会いを求めるべきか、それとも婚活系のパーティに参加しながらいろいろな人とのコミュニケーションをとっていくべきなのか、どちらのやり方が私にとって適しているのかということがまだわからないので、これからもしばらくは、アプリを利用しながらイベントにも参加して出会いを求めるということを続けていくと思いますね。

ただ、出会いアプリを利用して出会いを求める場合にも婚活系のパーティに参加する場合でも、やっぱりメリットとデメリットというものは必ずあって、どちらのやり方が絶対に正しいということは無いと思います。だからこそ、私のように両方の出会い方を同時に試しているという人は結構多いと思いますね。

アプリを利用して出会いを求める場合、やっぱり大きなメリットになるのは、出会いの候補者が一気に増えることです。要はチャンスが多いんですよ、実際にアプリを利用してみてよく分かりましたが、婚活系のパーティに参加する場合に比べ、出会いのチャンスは圧倒的にアプリのほうが大きくなります。アプリの利用者のほうが、パーティの参加者よりも圧倒的に多いからです。

日時を合わせたり、予算を確保したりしなくても、出会いアプリを利用して出会いを求める場合は、割といつでもどこでも誰でも簡単に出会いを求めることができます。もちろん、優良なアプリを利用すればセキュリティーもしっかりしていますし、変な人に出会ってしまった場合でも、トラブルの危険を感じたら、アプリの管理者に通報してトラブルを未然に防いでくれるというサポートもあります。

確かに、出会いアプリを利用して出会いを求める場合は匿名性ということが大きな問題になっていて、誰にとっても常に「変な人に出会ってしまうかもしれない」とか「何らかのトラブルに巻き込まれてしまうかもしれない」というリスクはあるのですが、それでも、何のリスクもなしに素敵な男女の出会いを実現するということ自体がそもそも不可能なので、そう考えると、少なくとも私の場合は、多少のリスクに目をつぶってでも、少しでも出会いのチャンスが多い方の出会い方を選ぶというのは方法として考えられるかなというふうに思っています。

だから、真剣に出会いを求める人にとって、出会いアプリを利用して出会いを求めるという選択肢は要チェックだと思うんです。